返済レストラン(第1回)

【放送日時】 1999/7/25 19:30〜19:55(フジテレビ系)
【場所】 パレットタウン
【共演】 千秋
【参加方法】 会場へ直接


返済レストランは、初日に絶対行くぞ!と決めてはいたものの、 事前に得られた情報は20日にパレットタウンで開店するという事だけ だったので、当日は不安だらけの中始発で家を出て、パレットタウンへ 向かいました。6時半に会場に到着。 徹夜組がいっぱいいたらどうしようと思っていたんですが、 意外と少なかったらしく、ラブ☆サンの仲間とすんなりと 合流することができました。お昼ごろ開店と聞いていたので、 6時間くらい待つのかと思うと気が遠くなりそうでしたが、 十数名の大所帯で待っていたせいか、めいいっぱいユースケ話で 盛り上がったり、交代で行列を抜け出して買い物に出かけたりして、 ちっとも退屈しませんでした。

12時少し前にスタッフの動きが慌ただしくなりました。 歩いて会場に来てくれるとの噂がとび、みんなが急にそわそわし始めました。 窓ガラスの黒いワゴン車が会場脇の道路に止まって、ユースケが 降りてきました。白のシャツとパンツに水色&白のチェックのエプロン姿。 清潔感あふれる爽やかなスタイルはみなさんお馴染みですよね。 千秋と二人で行列の横を通ったので、ファン大喜び。 この後整理券をもらい、1時に再集合ということで、一度解散しました。 待っている間レストランの正面に回ってみると、ユースケが 窓からよく見える場所で仕込み(エビの下ごしらえ)の実演をしていました。 あざやかな手さばきでつぎつぎにエビをさばいていきます。ときどき 笑顔まで見せて余裕十分といった感じで見ているこっちまで嬉しくなります。 タイヘンな修行をこなして、深夜のマンションでの特訓までした成果ですもんね。

行列の方に再集合した後、どうやらプレス向けの写真撮影などがあったようで、 結局1時を大幅に回って開店しました。 開店のあいさつが終わったあと、各テーブルにメニューをとりに来てくれると 聞いてドキドキ。一人ずつ「ありがとな」って言いながらメニューを とりつつ、声をかけるファンにていねいに返答もしてくれました。緊張して うまく声がかけられなくて、ちょっと残念。。。その後のお弁当を配る時が さらにドキドキ。代金の1000円をポケットに突っ込んでくれって言うんです。 なかにはお札を縦折りにするファンの子もいて私もイミはわかったんですが (わからなければ、いいです(笑))恥ずかしいので普通に折って 入れました。「召し上がれ」のユースケの一言でみんなで食べ始めて、 ユースケ&千秋が店の中へ見えなくなった後、アナウンサーの方からの インタビューなどもありました。1回目なだけあって、カメラの撮影が すごくて2〜3台から囲まれたときはさすがに緊張しました(全然放送 されませんでしたけど(笑)) 2回目以降はここまでの丁寧なサービスはなかったのですが、 最終回の5回目は店を出る前に二人と握手ができてファン的にはおいしかったです。

閉店したのは、結局5時半すぎでした。 千秋は、目もうつろで収録が終わって帰るときは歩くのもやっとの 状態でした。ユースケもきっと疲れてたでしょうに、 千秋とアナウンサーの方と3人での終わりのトークもきっちり仕切って、 ホントにお疲れさまでしたという感じでした。 でも、あんなにタレントとファンが交流できる企画って、他の番組を みてても、なかなかないと思います。スタッフの方も大変そうでしたけど、 私たちファンは大喜びでした。閉店後撤収が始まってからもお店をバックに 記念撮影をしたり、普段はなかなか会えないネット仲間との出会いを 喜んだりとはしゃぎっぱなしでした。


Home